キッズ大陸

  • 「やればできる。やったらできた」で育むスポーツ幼児園
  • キッズ大陸さいたま与野園
  • キッズ大陸よこはま中川園
  • キッズ大陸しょうなん辻堂園
  • キッズ大陸あだち北千住園
  • 運営者について
  • 学校法人三幸学園グループ
  • キッズ大陸求人情報
  • お問合せ

キッズ大陸にかける想い

子どもの成長スパイラル「キッズ大陸」は、学園が培ってきたスポーツ分野並びに保育分野のノウハウを最大限に活かし、日本社会が抱えている子どもたちの体力低下という課題を、地域の皆さまと一緒になって解決していくことを大きな目的としております。
私たちが実現しようとしているスポーツを中心に据えた教育によって、体力向上はもちろんのこと、何よりも「やればできる?やったらできた!」という成功体験を通じて得られる「自信」や「チャレンジ精神」、「相手を思いやる気持ち」といった子どもたちの人格形成面に寄与したいと考えております。

 また、「キッズ大陸」は地域に根差した教育コミュニティでありたいと考えており、大きく、スポーツ幼児園分野、クラブ活動分野(習い事)、預かり保育(学童)の3分野から成り立っております。大切な自分の子どもを預ける時間には、可能な限り最高の教育を受けさせたいという世の中のお父様、お母様のご要望を満たしていく為にこのような形態をとることに致しました。
2歳~12歳までの子どもたちに対して、スポーツや語学教育、地域と共に行う農業体験や物づくり体験をカリュキラムとして行っていきます。このような活動を通して、日本の教育界の1つのモデルとなることを目指して参りますので、ご期待ください。


鳥居 秀光

やればできる?やったらできた!

皆さん、こんにちは。
三幸グループは「日本を明るく元気にする」いうミッションのもと、文部科学省が推奨しているスポーツ立国戦略に対し、できることは何かを常々考えて参りました。そしてこのたび、「スポーツ」を中心に据え、地域との「つながり」を大切にした教育施設をつくる運びとなりました。

私達は、全国9都市にリゾート&スポーツ専門学校を展開しております。
また、東京都認証保育園・認可保育園を31園(H27年4月現在)展開しており、これらの運営を通じて培ってきたノウハウをもとに、学園独自に開発したスポーツ教育プログラムをおこなうスポーツ幼児園が「キッズ大陸」です。
持っている能力を100%出し切り達成することで、子どもたちは何事に対しても前向きな気持ちを持って取り組むようになります。

そんな子どもたちを育てたい!私達は、子どもたちの「やればできる?やったらできた!」という成功経験を通じて、スポーツという枠を超えて敏感期(この時期特別な感受性)をのがさず、幼児期にしか体験できない事や行動を大切にしてもらうよう接していきます。また、地域との「つながり」を通じて、年配者を敬う気持ち、地域そのものを愛する気持ちも醸成させていきます。
自分の人生に自信を持って未来にはばたく子どもたちを、「スポーツ」を通じて育てることをここにお約束致します。

主な経歴

● 1970年 法政大学経営学部卒業後オンワード樫山に勤務
● 1972年 医療事務代行業を開業
● 1975年 株式会社日本医療事務協会設立(現日本教育クリエイト) 
                   代表取締役就任
● 1985年 学校法人三幸学園設立 理事長就任
● 2007年 東京未来大学 こども心理学部を開学
● 2010年 飛鳥未来高校開校

【幼児教育分野】
● 2009年~ 認証保育所「おかちまち園」開園
● 2013年06月~ キッズ大陸よこはま中川園開園
● 2013年10月~ キッズ大陸さいたま与野園開園
2014年10月現在、認可認証保育所29園 スポーツ幼児園・学童2園を運営

プロフィール

1947 年東京都葛飾区生まれ。法政大学経営学部卒業。卒業後、オンワード樫山に勤務。2 年後に退職し医療事務代行業を開業。27歳で医療事務教育と代行の株式会社日本教育クリエイトを設立し、代表取締役社長。
1985 年、学校法人三幸学園を設立し、理事長就任。現在、三幸学園は、札幌から福岡まで全国主要都市で 33 校の専門学校を展開。約 1 万 5,000 人の生徒が学んでいる。教育内容は、医療事務、医療秘書、介護福祉、保育、スポーツインストラクター、スポーツトレーナー、美容師、エステ、ネイリスト、ブライダルコーディネーター、パティシエなど多岐にわたる。2007 年に東京都足立区に東京未来大学、こども心理学部を開学。2009 年には奈良県に通信制高校、飛鳥未来高校を開校した。現在、学校法人三幸学園学園長、株式会社日本教育クリエイト会長のほか、社会福祉法人三幸福祉会理事長として、老人福祉施設と保育所の展開を行なっている。


西條 康介

教育機関である三幸学園だからこそ!

鳥居代表の待つ部屋によばれた日から早いもので、8年の月日が流れました。
「三幸学園グループの培ってきた経験やノウハウを最大限に活かした事業を創ってみよう!」
意気揚々と企画に取り掛かった日のことを、うまくいかずに心が折れそうになった日のことを、それでも前に進もうと仲間・関係者と共に励ましあった日のことを・・・。
今でも鮮明にそのシチュエーションの数々を思い出すことができます。
そして遂に、幼少一貫の教育施設(幼児園~民間学童)の施設として、2013年にさいたま市と横浜市に開園することができました!

幼児教育カリキュラムの研究・開発機関として、また、保育士養成機関として培ってきたノウハウを最大限に活かした教育コンセプト「エデュペリメント」には、多くの保護者様の賛同と期待を頂くことができており、とてもうれしく思っています。

エデュペリメントは、【教育(education)】【体験(experience)】【楽しみ(entertainment)】の3つの言葉を合わせた造語ですが、キッズ大陸に通う子どもたちは、【遊び・楽しみ】ながら日々いろいろな【学び】の機会にチャレンジをしていきます。その中から【成功体験】を継続的に積み、成長をしていくというものです。

各教育カリキュラムは、体系的かつスモールステップにまとめられています。特に力を入れているのが、体操、水泳、サッカーを行う「スポーツ」の時間です。

保育士だけではなく、元気いっぱいのインストラクターも常勤しており、園内は子ども達の笑顔と活気で満ち溢れているんですよ!
また、私たちは保護者の皆様の子育てのパートナーでありたいと考えています。
1日1日のスケジュールや園での出来事、お子様が何に夢中になりチャレンジしているのか、どの方向に導いていくべきか等を、お子様ごとにマイページをつくり、いつでも保護者の皆様に確認頂けるような仕組みも取り入れています。恐らくここまでこだわりを持った取り組みをしているのはキッズ大陸だけではないかと自負しています。

何にも代え難い大切なお子様をお預かりする責任、また、お預かりする中で、ひとりひとりのお子様の可能性を最大限に引き出していく取り組みの数々に磨きをかけていきたいと思っています。まだまだ道半ばであり、至らないところはありますが、熱い情熱と子ども達と一緒に成長していこうとする向上心と謙虚な姿勢を忘れず、スタッフ一同精進・邁進していきます。
キッズ大陸に対する皆様のご期待には必ず応えて参りますので、引き続き、宜しくお願い致します。

主な経歴

● 1998年04月~2000年12月末 ㈱JTB 営業担当
● 2001年01月~2010年08月末 ㈱ベンチャー・リンク 教育事業部長等
● 2009年08月~2015年03月末 ㈱アスリート・パートナーズ 代表取締役
● 2014年04月~ 学校法人三幸学園 事業開発室長

● 2007年10月~2008年03月末 立命館宇治高等学校 講師
● 2010年01月~2011年04月末 湘南ベルマーレ 取締役
● 2012年01月~ キッズ大陸事業 GM(ゼネラルマネージャー)
● 2014年07月~ 文部科学省委託事業 PM(プロジェクトマネージャー)

プロフィール

1974年7月11日生まれ。98年一橋大学商学部を卒業し、株式会社ジェイティービー(JTB)に入社。
亀戸支店にて、法人営業や国内・海外の添乗を数多く経験する。
起業家になることを志し、01年より株式会社ベンチャー・リンクに転職する。多数の事業立ち上げに従事
した後、全国の私立中学・高等学校法人、専門学校法人の経営支援部署の責任者を務める。同時に、地域活性化をスポーツというテーマから実現していくプロジェクトを立ち上げ、法人化させた後は代表として活躍してきた。
12年1月より、学校法人三幸学園が全国に展開をしていく地域密着型のスポーツ教育コミュニティ「キッズ大陸」
立ち上げにGMとして参画し、未来を担う子ども達(対象年齢:2歳~12歳)によりよい教育の場を提供すべく、
地域に愛され必要とされる存在となるべく活動している。
また、14年7月より「保育分野における中核的専門人材の養成」をテーマとした文部科学省委託事業のPMとして、保育業界全体の発展を目指した取り組みを始めた。


西野 努

スポーツで子どもを強く、賢く、幸せに!

キッズ大陸の立ち上げから関わらせていただいていますが、与野園の完成図をはじめて見たときの驚きは今でも覚えています。そして、この施設ができあがり、多くの子ども達が思う存分身体を動かし、汗をかき、笑顔で家へ帰っていく姿を想像してきました。そんな私たちの"夢"が実現しました。

スポーツは、子ども達を強く健康にしてくれます。
スポーツは、子ども達を賢く、スマートにしてくれます。
そして、スポーツはなによりも子ども達に幸せをもたらしてくれます。

スポーツを軸に、子ども達が自信をつけ、「やったらできた」をその後の人生で体現してくれるようになってくれることを常に理想として、多くのスタッフ・保育士・インストラクターがきめ細やかな保育並びにスポーツ指導をしています。
サッカープログラムについては、技術や体力はもちろんのことですが、知力(礼儀・協力・リーダーシップ・心理面)も毎日のクラスでは向上させるべくプログラムを組んでいます。ただ、運動能力があるだけの人間ではなく、うまく、賢くスキルとして使える能力(心・技・体)をバランスよく習得してもらう事を目標として掲げています。

毎日のクラスやプログラムが楽しいことはもちろん、常に能力よりも少し上にハードルを設け、チャレンジを恐れない姿勢を身につけてくれれば、スポーツだけでなく今後の人生において、どのような局面でも上を向いてチャレンジするようになってくれます。

何年後かはわかりませんが、キッズ大陸を卒園した子ども達が、Jリーグの選手として、もしくは、その他のどんなスポーツでも、社会の舞台でも大活躍してくれる事、そして日本という枠だけではなく、世界で活躍する人材になってくれることを次の"夢"として、日々の保育や指導に携わっていきたいと思います。
教育や子どもの育成には正解がありません。
地域の人々や保護者・家族の方々と協力は不可欠となります。子どもを取り巻く大人がこぞって子どもの教育に様々な形で関わる。そんな環境作りも進めていきたいと思いますので、引き続き愛情のあるアドバイス・サポートをよろしくお願いします。

主な経歴

● 1993年 神戸大学経営学部卒
● 1993年 Jリーグ 浦和レッドダイヤモンズ 加入(プロ契約)
● 1998年 日本代表候補
● 2002年 プロサッカー選手を引退 浦和レッドダイヤモンズ
スカウト担当に就任
● 2003年 リヴァプール大学(英国)フットボールインダストリーズMBAコース
● 2004年 同上 MBA 取得
● 2006年 株式会社オプト・スポーツ・インターナショナル 設立 
代表取締役就任
● 2008年 産業能率大学 情報マネジメント学部 客員教授就任

プロフィール

神戸大学を経て浦和レッドダイヤモンズへ加入。9シーズン、160試合の出場経験を持ち、日本代表候補にまで選出されたことのある名DF。現役引退後は、球団の強化担当・事業部等へ配属され、それと同時にかねてより興味をもっていたスポーツビジネスを学ぶべくイギリスへ留学。2004年11月にMBA取得。現在は、客員教授としてスポーツビジネスの世界を大学生へ伝え、スポーツマネジメント会社の代表として主にスポーツと教育をテーマに各種スクール事業やコンサルタント業に携わる。
「スポーツが人を健康に、幸せにする」
「スポーツが人の頭を良くする」
「スポーツが言語となり、世界をつなぐ」
以上の3つを仕事で実現すべく、日々様々な業務に取り組んでいる。
主な著書 「なぜ浦和レッズだけが世界に認められるのか?」(東邦出版2007年) 「プロスポーツ・ビジネス羅針盤」(税経出版 2014年)