平素より三幸学園グループに対しまして、温かいご支援を賜っておりますこと、厚く御礼申しあげます。今回、新規事業として立ち上げる「キッズ大陸」は、学園が培ってきたスポーツ分野並びに保育分野のノウハウを最大限に活かし、日本社会が抱えている子どもたちの体力低下という課題を、地域の皆さまと一緒になって解決していくことを大きな目的としております。私たちが実現しようとしているスポーツを中心に据えた教育によって、体力向上はもちろんのこと、何よりも「やればできる?やったらできた!」という成功体験を通じて得られる「自信」や「チャレンジ精神」、「相手を思いやる気持ち」といった子どもたちの人格形成面に寄与したいと考えております。
 また、「キッズ大陸」は地域に根差した教育コミュニティでありたいと考えており、大きく、スポーツ幼児園分野、クラブ活動分野(習い事)、預かり保育(学童)の3分野から成り立っております。大切な自分の子どもを預ける時間には、可能な限り最高の教育を受けさせたいという世の中のお父様、お母様のご要望を満たしていく為にこのような形態をとることに致しました。2歳~12歳までの子どもたちに対して、スポーツや語学教育、地域と共に行う農業体験や物づくり体験をカリュキラムとして行っていきます。このような活動を通して、日本の教育界の1つのモデルとなることを目指して参りますので、ご期待ください。
※本ホームページでは、スポーツ幼児園分野を中心に内容を構成しております。

成長していく営みを大人が支援し、応援しやがて自らの力で立ち、歩きそして自分の力で生きていく術を身に付けて行きます。しかし、どれも子ども一人では達成することはできませんが、大人が全て援助していては、子ども自らの力を発揮することができません。そこで私たちは、子ども一人ひとりの力を十二分に発揮できる環境を整え、好奇心あふれる子どもたちのチャレンジ精神を大切にして行こうと考えています。

日常生活の一つ一つを「~しなければならない」から「~してみよう」「やってみよう」に変える教具・教材や家具など子どもたちが携わる物すべてにメッセージを込めています。そのような環境の中で、子ども一人ひとりの成長を考え、マニュアルや固定観念にとらわれない計画を作成し、常に個々の成長、発達を促していきます。もちろん、個から集団へチームワークやプレゼンテーションなど日本人がちょっと苦手にする部分もトレーニングではなく、日々の生活から培い伸ばして行きます。

幼児期に培われたこのような経験や体験は、自分がその場に、この世の中に居ても良い存在であるという認識を持たせ、自己肯定感となります。同時に他者に対しても否定的ではなく、ともに共感しあって行くことができるようになります。子どもたちの将来を見据え、今の一瞬を大切にして行く経験や体験をして欲しいと願い、私たちはともに歩んで行きたいと思っています。

PAGE TOP

閉じる