教育方針

理念

保育理念

個を受容し共感するなかで
主体性を育む

教育理念

技術と⼼の調和

フロンタウン生田園の
Mission Statement

礼儀を重んじ、⾃分と他者に対する理解と敬意を持った、真の国際⼈を育成します。

スポーツを通じて、⾃ら考え、理解し、探究できる⼦どもを育てます。

思いやりの精神を持ち、将来の国際社会の発展と⼈類の幸福に貢献できる⼈財の育成を⽬指します。

⼤切にしていること

地域のコミュニティー全体で未来を担う⼦ども達を育てます。

私たちは、未来を担う子どもたちの幼児期〜学童期という大切な時期を共に過ごしています。大人が子どもに与える影響はとても大きく、だからこそ家庭、教育機関、地域等の様々なコミュニティーが連携し合いながら、子ども達の育ちをサポートしていく必要があります。
キッズ大陸では、スポーツと多様な経験を通じて心と体の健康と主体性を育みます。様々な人との関りの中でチャレンジ精神や自信、相手を思いやる心などの人間力が培われ、日々の活動への活力へと繋げていきます。
また、好きなこと、興味があることをとことん深掘りしていくことで、多くの気づきが得られ学ぶことの楽しさを実感することができるように環境を整えます。
『遊びは学び』私たちは子どもたちが学びの主体者として興味を持ち、考え、コミュニケーションをとり、行動できる環境を整え、一人ひとりがアイデンティティの基礎を育むサポートをしていきます。

園⻑・施設長挨拶

園長中尾美代

⼦どもの学びは『遊び』です。⼦ども達は遊びを通して沢⼭の『気づき』を得て、考えや理解を構築していきます。他者から教えられた理解ではなく⾃⾝の経験を通して得た理解を積み重ねていくことで、より広くより深く意味を構築していくことができます。私達保育者は、⼦ども達が沢⼭の気づきに出会えるために豊かな経験の機会を数多く⽤意し、じっくりと考えを深めていけるように探究する場を設け、そしてそれらの経験を通して『⾃分⾃⾝の考え』『他者を尊重し思いやる⼼』『協⼒して答えを⾒つけようとする⼒』『学びを深めようとする意欲』を育んで参ります。保護者の皆様と⼀緒に⼦ども達を愛情豊かに包み込み、しっかりと⾃分⾃⾝で未来を⽣きていける⼦ども達を育てていきます。

施設長勝見亮祐

“スポーツの良さ”を、このキッズ⼤陸で⼦ども達へ伝えていきます。“体⼒や運動能⼒”はもちろん、「どうしたら出来るようになるか?」「もっと上⼿になるか?」と⼦ども達⾃⾝が考えて“答えを⾒つける⼒”や仲間と助け合う中で、お友達の⾔葉や気持ちなどを受け⼊れる、“他者を受け⼊れる⼒”“⾃分を表現する⼒”を養うことができるのも、スポーツの良さだと考えます。「スポーツ」×「教育」という観点から、幼児期に養ってほしい⼒を育んでいけるような環境づくりを⽬指します!

キッズ大陸フロンタウン⽣⽥園

  • 川崎市
  • 国際バカロレア認定保育施設
  • 学童クラブ

神奈川県川崎市多摩区生田1丁⽬1-1

TEL045-914-3770